/* 本文の位置 */ #main { float: left; } /* サイドバーの位置 */ #box2 { float: right; }

蜂インザヘッド 

ものすごく考えているか、まったく考えていない

ぬいぐるみの使命

ひと月ほど前、職場の先輩からぬいぐるみをもらった。 (現在からすると元職場になるのだけれど、話がややこしくなるので省略する) 「これ、あげる」と3つ1セットになったぬいぐるみを急に渡されたのだ。 「えっありがとうございます、わーかわい、、、」と…

そんなのありかよ

日曜日、用事があって出かけたらこんな看板を見かけた。 ※ラーメン屋の広告です 見た瞬間かなりの衝撃があり、次に腹が立ち、最後に笑ってしまった。 私はこういうキャッチコピーを考える仕事をしている。世間が想像するような華やかなものではなく、本当に…

月曜祝日、The Shaggsを聞いて

今日は一日家にいてため込んでいたあれこれを片付けた。部屋を掃除したり買ったまま放置していた漫画を読んだり、ベッドの敷きマットの破れた部分を修繕したりした。その間じゅう、YouTubeでThe Shaggsを流していた。 The Shaggsを知ったのはほんの3日ほど前…

殺意味の飴

毎日の楽しみにしている飴があって、名前を桜間見屋の肉桂玉という。岐阜県の郡上八幡に旅行へ行った時出会った。銭湯で試食コーナーにあったのをひとつ口に放り込んでお風呂に入り、湯から上がる頃にはその味がすっかり気に入って、ひと袋買って帰ったのが…

ホワイトデーに生まれた女の子

うちの会社は因習の色が濃く、いまだに2月14日になるとバレンタインデーをやっている。女性陣がお金を出し合って男性陣にチョコレートや準チョコレートを配るあれだ。職場のバレンタインデーに対する私の感情は極めてフラット、というか無であり、その証拠に…

夢日記:悪夢二本立て

ミドリガメのスープ 野っぱらにある屋台のような店に行ったらミドリガメのスープを出される。温かい半透明の汁に満たされた白いプラスチックの椀に1円玉ほどの大きさのミドリガメがたくさん入っている。味付けはほとんどなく、出汁を味わうスープのようだ。…

つげの櫛を見出す話

昨日急につげの櫛がほしくなった。あの江戸時代の娘さんが使っていそうな木の櫛だ。どういう訳かその日ツイッターや書籍で立て続けにつげの櫛を見かけたのだ。ありませんか?遭遇率の低い言葉にやたらぶつかる日。そういうのもバイオリズムっていうのだろう…

電気グルーヴ『TROPICAL LOVE』

やーもう最高です。本当に素晴らしい、よかった、よかった、これからもがんばってやっていきたいですね。 何がって電気グルーヴの新アルバムの話で、いつも以上に要領を得ない文章になると思うから別に読まなくていいけど聞きたて一週間の今の感想を書いてお…

夢日記:虫かごのスズメバチ

街中の花壇や車止めを疾走する一風変わったマラソン大会のために大病院の庭でトレーニングをする。芝生の上でストレッチしていると、そばに虫かごが置いてあることに気付く。虫かごにはアマガエルが一匹入っている。病院の先生が長期入院患者の心をなぐさめ…

いい匂いのまばたき

「あっ。またやっちゃった」という事柄が誰の生活シーンにもあると思う。その人のある性質によって、または複数の性質の巡りあわせによって繰り返される小さな過ちが誰にでもあると思う。いわばプログラムのエラーであり、週に数度、人によっては毎日のよう…

メレンゲの(作り方を発見したいという)気持ち

昨日、真夜中にチョコレートケーキを焼いた。レシピ見ながら作ってて思ったんだけどこのレシピってやつはほんとにえらい。私みたいな普段お菓子を作らない、物覚えの悪い人間でもレシピ通りにやればちゃんとそれなりのものができる。レシピには気が遠くなる…

物に話しかけられる恐怖について

待ってほしい。幻聴の話じゃないから心配しないでほしい。たしかに私は幼少期に想像力が強すぎて少々集団生活が困難だったけれど今日はその話ではない。 こんなことがないだろうか。あなたは昼飯を食べ損ねた午後4時、ラーメン屋のカウンターでひとりラーメ…

「ハンス、おかえり、私の息子」

最近ずっとハンス王子のことを考えている。ハンス王子っていうのは「アナと雪の女王」(2014年日本公開。2014年!?!?)に出てくるサザンアイルズ王国の第13王子、ハンス・ウェスターガードのことだ。物語のはじめでアナといい感じになってエルサ討伐のリーダー…

「開」と「 」

最近仕事でよく行くビルがある。そこそこ名の知れた企業の本社ビルなだけあってすべてに如才がない。受付の女の人はいつも丁寧で正確だし、ガードマンのおじさんも通り過ぎる人たちに「こんにちはー、こんにちはー」と穏やかに話しかけながら注意深く相手の…

ジュピター、ミールス、宇宙の味

週末、新幹線で東京に行ってきた。主な目的はコミティアだったが、これについてはまた後日書くとしてサブの目的の話をしたい。この東京行の隠れたコンセプトは「食い物の恨み晴らさでおくべきか」だった。自分ひとりしかいないから隠れも何もないのだが、「…

Yシャツと赤ペン

今日職場のデスクで伸びをしたら右肘がベリッ、と鳴った。おやっと思って右腕をひねってみたがカーディガンはなんともない。作業を再開し、結局すぐに気になってカーディガンを脱ぐとその下のYシャツの肘が大きく裂けていた。びっくりした。だってなんの兆し…

亀の性格

数日前に亀のケンが逝ってしまった。ケンがやってきたのは私が4歳か5歳の頃だったからおよそ25年生きたことになる。ケンは北米に生息するコンキンナヌマガメのメスで、今はリバークーターとかコンキンナリバークーターとか呼ばれる種類だ。25年がペットの亀…

蜂インザヘッド

このブログずっと放置してて、というのもちゃんと面白くて人が読むに耐える記事を書こう書こうとするんだけど私という人間は面白くもなければなけなしの面白さをかき集めてひとつの記事に仕上げる堪え性もなかった。だから実験としてブログをもっとでたらめ…

11/23(水・祝)の東京文フリに参加します

お久しぶりです。 文学フリマ東京に、友達と作っているひみつ結社「サンカクカンケイ」が参加するので、お知らせです。私も行きます。 どきどきするな!東京!! <出展情報> 「第二十三回文学フリマ東京」 日時:2016年11月23日(日) 11:00〜17:00予定 会…

第4回文学フリマ大阪ありがとうございました

昨日開催された第4回文学フリマ大阪に、友達と作っている「サンカクカンケイ」という集団のメンバーとして出店してきました。結果から言うと、(自分たちとしては)たくさん売ってたくさん買って、とても楽しかったです。 当日ブースの様子です。 新刊の『サ…

9/18の文学フリマ大阪に参加します(真)

去る9月11日、私も参加した『サンカクカンケイ第3号 怪獣』無事に脱稿しました。やったやった! ※2016/09/17その他の頒布物について追記 「第4回文学フリマ大阪」 日時:2016年9月18日(日) 11:00〜17:00 会場:堺市産業振興センター イベントホール ブー…

9/18 文学フリマ大阪に参加します(仮)

9月18日、「第四回文学フリマ大阪」に参加するのでお知らせです。雑誌を出すぞー! 突然ですが私はサンカクカンケイという集団に所属しています。 何の集団かというと、イラストと文芸を軸として、友人連が社会に出たり出なかったりしたことをきっかけに、わ…

水まんじゅうと虚無

職場の人からお土産で水まんじゅうをもらった。水まんじゅうを食べるのはずいぶん久しぶりで、正確には思い出せないが10年ぶりかそれぐらいだと思う。手のひらに収まるサイズの個包装は少しざらっとした和紙でコーティングされていて、上をハサミで切って押…

常世と浮世のあわい スケラッコ「盆の国」(リイド社)を読む

ホホホ座で私の夏が完成した 8月14日、京都のホホホ座へ行った。お目当ては先月リイド社から発売された「盆の国」。そして作者のスケラッコさんが描く似顔絵だ。 ホホホ座で「盆の国」を買い似顔絵を描いてもらった 私の夏が完成した感がある pic.twitter.co…

アリ・スミスの『五月』を読み返す

私の48ある暗い趣味のひとつに、決まった時期に決まった作品をおさらいするというのがある。漫画だったら6月6日にはかならず高野文子の『奥村さんのお茄子』を読むとか、音楽だと9月にアース・ウインド&ファイアーの『セプテンバー』を聴きまくるとかそうい…

台湾で行った場所① 茶と茶料理と茶畑の村 猫空(Maokong)

台湾に行ってきた 2泊3日で台湾に行った。行きたい!!と思う強い理由があったわけではなくて、「ごはんおいしいらしい」「わりと安全らしい」、あと「1月に飛行機のチケットが安く売られてた」みたいなフワッとした動機である。 帰ってきた今は「台湾は最高…

鴨ストーカー、朝方の川にあらわる

進捗ダメです 今年度の狩猟が解禁されてからずいぶん経った。私の地域での猟期は半分を過ぎ、残り約1ヶ月だ。網猟の進み具合がどうかといえば、あまりよろしくない。というよりも、まったくダメ、ぜんぜんダメ。同じく今年が初猟期の海底クラブ氏は着々と銃…

初夢、大戸屋グランド・パラダイス

昼寝をしたら夢を見た。正月からすでにいくつか夢を見ていたけれど、どれもあまりはっきり覚えていなかった。なんとなくめでたいようなうれしいような夢だったので、これを初夢と認定し、メモしておくことにした。 新年を祝ってサンカクカンケイ※のメンバー…

冬はふさぎの虫

人には二種類いて、冬が好きな人と冬が嫌いな人がいる。私は圧倒的に後者で、毎年「どうして人間には冬眠という機能が備わらなかったのだろう」と思いながらひたすら耐えている。冬が好きな人はたいてい「冬の朝のきりっとした空気の中を歩くのが好き」など…

網猟の「突き網」をつくる

「鳥を網で捕る猟法がある」と聞いてわくわくした勢いで網猟免許を取りました。 取ったはいいけど教えてくれる師匠がまだ見つからない。せっかくの猟期に何もしないのもなんなので、網を自作しました。 網猟はマイナーなのか 網猟がどんなものかはこれらの記…