読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜂インザヘッド 

ものすごく考えているか、まったく考えていない

網猟の「突き網」をつくる

狩猟

「鳥を網で捕る猟法がある」と聞いてわくわくした勢いで網猟免許を取りました。

取ったはいいけど教えてくれる師匠がまだ見つからない。せっかくの猟期に何もしないのもなんなので、網を自作しました。
 

網猟はマイナーなのか

網猟がどんなものかはこれらの記事で知った。
 
 
「うまく行けばスズメやカモが一度に何十羽も捕れるなんてすごい!」と、免許を取ったものの、猟友会の方には「罠や銃ならたくさん教えてあげられるんやけどね…網猟はね…うちにはあんまりやる人がおらんねん」と言われた。
 
なんとなくそんな気はしていた。試験の時も罠や銃に比べて網は人数が少なく、全体の1割すら切っていたんじゃないだろうか。罠と似た部分もあるのになぜ少ないんだろう?
 
・趣味の側面が強い。 ターゲットは鳥類であり、増加が止まらず食害の大きいイノシシ、シカのように狩らなければいけない切実な理由が少ない。
・あまり「狩り」って感じじゃない。 銃に比べて、囮や餌を使った待ちのスタイル(だからこそ私向きだと思ったけど)
・バクチ性が高い。猟果の振れ幅がゼロから数十と大きすぎる。
・単純に難しい? とにかく鳥の生態を知り、動きを読んで待つしかない。自分から攻められない。
 
地域性の要素もかなりありそうだが、素人がざっと思いつくのはこんなところだ。
 

とりあえず簡単そうな「突き網」から作ってみよう

猟友会の方には、網猟をやっている猟師さんを紹介していただけることになった。でも、それまでただ待っているのも切ないので、自分で網を作ってみることにした。網猟で使う仕掛けには無双網、突き網、坂網、など何種類かがある。
 

f:id:hachimoto8:20151203232721j:image
無双網
 

f:id:hachimoto8:20151203232734j:image
突き網
 

f:id:hachimoto8:20151203232747j:image
なげ網(坂網)
 
ネット上のレポで見かけるのは無双網だが、まずは突き網を作ってみよう。突き網は大きな網に柄がついていて、これをかまえてタシギなどのまわりをのの字を描くようにぐるぐる周り、距離を縮めて捕る(と言われている)。飛ぶ鳥をそんな簡単に捕まえられるかなあと思うけれど、そうなのだから多分そうなのだ。かさばらないし、構造も単純。この程度なら100均の虫取り網でもいいんじゃないかという考えが頭をかすめたが無視した。「魔女の宅急便」でもキキは出発前に自分でホウキを作っていた。道具を自分で作るのは大切なことなのだ。
 
ところが「突き網 作り方」などで検索しても、突き網の作り方は出てこなかった。先ほど上げたようなイラストや、魚捕り用の網ばかり出てくる。素材は竹か木でいいとしても、大きさは、網の素材は、竹の組み方は、などなど、これだけインターネット集合知が発達した時代なのにほとんどわからないのだ。さらにムキになって「つき網」で検索した時など、局部のみに網状の生地をほどこすことで爽快感をアップした男性用下着が出てきて目が腐りそうになった(各自ご検索ください)。驚きの事実。なんと、突き網を作るには、自分で考えなければいけない!これを書きながら思ったけれど私はインターネットによって相当脳が退化している。
 
結局、どこかのブログにあがっていた突き網の写真を凝視して大体作り方が想像できたのでこの問題は解決した。突き網の構造が単純で本当に良かった。
 

今回の突き網(試作)の作り方

突き網(試作)は今回、以下のような材料で作った。「今回」というのは、結論から書きますが「失敗しまくったので万が一にも参考にしないで」という意味です。
 
【材料】
コーナンの園芸用の支柱竹数本
コーナンの防鳥網 ←最大の失敗
・紐
・ガムテープ
 
【道具】
ノコギリ、ハサミ、キリ、ペンチ
 
①60センチ程度に切った竹にキリで穴をたくさん開ける。
②3本を合わせて三角形を作り、それぞれの端を8の字で結ぶ。この結び方にしたのは折りたためるように。

f:id:hachimoto8:20151203213345j:image
③竹の穴にハリガネを通し、防鳥網を取り付ける。
④そのままでは防鳥網がハリガネにひっかかるので、ガムテープで穴を巻いて処理する。
⑤柄をつける。
⑥出来上がり。


f:id:hachimoto8:20151203233221j:image
あっちこっちボロボロだし、何より網と柄の接続がガムテープなのでかなり汚さが増しているけれど、枠と網さえあればそれらしくなるものだ。今回の最大の反省点は、網に防鳥網を使ったことだ。とにかくからまる。竹にもハリガネにも自分もからまる。そしてからまった網は見た目が限りなくゴミっぽくなる。作っている間「防鳥網はクソ、防鳥網は網戸の網以下。防鳥網が憎い…」と何度つぶやいたかわからない。いや、防鳥網は悪くない。防鳥網は防鳥網であり捕鳥網ではないのだ。範囲外の仕事をさせようとした私が悪い。もう二度と防鳥網にこんなことをさせないと約束する。
悲しいことに、後日
こちらの記事ですでに防鳥網のダメさが指摘されていることがわかった。偉大な先達がいたのに気付けなかったのはショックだ。
今回の反省点を踏まえて、次回はもっと効率的かつ経済的かつゴミっぽくない突き網に挑戦する予定である。ちなみに材料は全部数百円なのでそれだけが救いだった。
 

(おまけ)ちょっとだけ出猟した

 
せっかく作ったのだから網をかついで自転車で近所の田んぼをまわってみよう。
 
転けました。
 
ひざ、すりむきました。痛い。
 
タシギ、いない。スズメ、警戒心めちゃくちゃ強い。
 
網猟の道は険しい…負けないぞ…。
 
すりむいたひざをさすりながら思い出しました。
魔女の宅急便」 の冒頭でキキは自分でホウキを作ったけれど、結局それは使わずに、お母さんのお下がりのホウキで飛び立ったんだったなあ。