読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜂インザヘッド 

ものすごく考えているか、まったく考えていない

意外と洗脳されやすいかもしれない

頭の外

ちょっと汚い話をします。

 
糸巻き型のデンタルフロスを買った。最近ストレスで胃が荒れているのか、唾液が減ってきたのか、理由はわからないけど口の中が気持ち悪いのをどうにかしたかったからだ。
 
デンタルフロスといえば私のイメージは漠然と「アメリカのドラマ」である。なかでも、強迫性障害に悩みながらそれがまた才能でもある「名探偵モンク」のエイドリアン・モンクが真っ先に浮かぶ。モンクは極度の潔癖症で、いつもポケットにデンタルフロスを入れている。あとはどこで仕入れたのか分からないが、米ドラマに登場する嫌味で神経質でカンの外れたアホ上司が歯の間をキュコキュコやりながら「しっかりやってくれたまえよピーターくん。失敗しても私に一切責任はないからね(CV:中尾隆聖)」というイメージだ。
 
近所のドラッグストアで生まれて初めてデンタルフロスを購入した。買ったのはREACHのワックスタイプのものだ。初心者マークがついていて、通常より小さいお試しサイズだったので、これなら失敗してもよかろうと思った。アメリカっぽい(と私が思う)素っ気ないパッケージもかわいい。
 
 
帰って早速試した。容器についているカッターで40cmほどを切り取る。このカッターがまた家庭科の時間に使った裁縫箱のカッターみたいにちっちゃくてかわいらしい。端っこを左右の中指に巻きつけて、慎重に歯の隙間に入れ、前後に動かして歯垢をこそげとる。
 
ウギャーッ!本当に叫んだ。汚すぎる。取れすぎる。オエー!お母さん!お父さん!私の歯と歯の間にダゴンが!ダゴンがいるよー!ああ、窓に!窓に!という調子で、描写しようとすると言語野が焼ききれそうなのでやめておきたい。
 
もうマジで目からうろこというか、「世界線が変わった」くらいの衝撃だった。あの瞬間、「私の口臭、臭すぎ…?」という例の広告にこの世で最も近かったのは私だ。耳の穴とへその穴が一個ずつ増えた!くらいの変化だった。へその穴も時々オイルで掃除すると楽しいので、やったことない人にはおすすめします。
 
衝撃が落ち着いたあと、絶望が来た。私はこんな汚れを隠したまま人と平気で会っていたのか…。でも私にはもうREACHがある。デンタルフロスを毎日続けていれば、ダゴンともクトゥルフともおさらばハッピー。なんだかREACHが愛おしくなってきた。出会ったばかりだけど、頼もしい相棒のようだ。ありがとう、ジョンソン・エンド・ジョンソン。消しゴム効果でツルツルの白い歯が手に入るというREACHホワイトニング歯ブラシも欲しくなってきたよ…。
 
ここでいきなりタイトルに戻るんですけど、この「既存の価値観の破壊→絶望→救いの道の提示→熱狂的な信奉」っていうプロセス、図らずもカルトの洗脳手法と同じじゃないですか?ジョンソン・エンド・ジョンソンがカルトだって言ってるのではなく、私のした体験がカルトのそれに近いっていう意味です。REACH最高!!