/* 本文の位置 */ #main { float: left; } /* サイドバーの位置 */ #box2 { float: right; }

蜂インザヘッド 

ものすごく考えているか、まったく考えていない

点取日記 10 遺失物取扱所

もうすぐ引っ越しなので部屋の物を片付けていた。

持っていくものを選り分けるついでに要らない物をガンガン捨てている。10年ほど前から漬けたままになっている枇杷仁酒も捨てた。思いつきだけで漬けてうすぼけた味になった梨酒も捨てた。たくさんもらった柚子の始末に困って漬けたユズンチェッロ(リモンチェッロの柚子バージョン)も捨てた。

 

そう、私はやたらと果実酒を漬けている。なぜ今になって捨てる羽目になったかと言うとアルコールに弱くてほとんど飲めないからだ。あなたはこれから一生飲酒できませんよと言われても特段困らない。

なら果実酒なんか作るなよと糾弾されそうだ。実際その通りだが、そう言われたら私の答えは「だって果実酒作るの楽しいねんもん」である。

 

果実酒作りは楽しい。果実酒だけでなく干し肉もジャムの瓶詰めもアンチョビも、長期保存食を作るのはとても楽しい。できたものを消費しきるまで生きている保証もないくせに、作ると心がどっしりと安定するのだ。そういう人は多いのではないかと思う。

 

それにしてもどうして作る前に自分が酒に弱いことを思い出せなかったのだろう。厳密にいうと思い出せなかったのではなくて、保存食作り欲がむくむくと湧いてくると「夕食後にコップに半杯ずつ飲めばすぐなくなるよ」「この果実酒は昔喉の薬だったそうだ」「飲まなくても料理の風味付けに使えばいい」などのささやきが下戸という事実を押し流してしまうのだ。

 

さすがにここ数年はそういうことも少なくなり、古株の果実酒の瓶ばかりがじっと飲まれるのも待っている状態が続いていた。(と言いつつ、調べ直したらユズンチェッロはつい3年前のものだった。アホなのだろうか?)

引っ越し先に持っていくのは友達と一緒に漬けた梅酒だけにするつもりだ。

 

果実酒の話ばかりしてしまったけれど片付け作業は一事が万事この調子で、「こうなりたかった自分」がザクザクと発掘されて神経にこたえる。しかもたいてい「こうなりたかった」ことすら忘れているから懐かしいというより、ただ戸惑うばかりだ。

使いこなせない万年筆やきれいすぎて使っていない文鎮、勢いで買ったブローチ、全部処分してしまおうかと思ったが、でもいっそこういう物ばかり連れて行くのがいいのかもしれない。生活感なんて後からいくらでもついてくるのだし。

 

ちなみに机の引き出しの奥からは高校生の頃から数年間使っていたHOLGAというトイカメラが出てきて、箱には現像前のフィルムも3本入っていた。現像代がそこそこかかるため、お金が貯まったらと思ってそのままになったのだろう。

トイカメラは当時ヴィレッジヴァンガードなどの雑貨店で大量に売りさばかれていて、サブカルあるあるみたいな感じで馬鹿にされていたけれど、あのぼけた仕上がりは10代の自分の感覚と妙にマッチして、私はやっぱり好きだった。

フィルムは劣化するのであまり期待できないが、安いネットサービスを探して現像してもらおうかと思っている。あああ、どうってことないものしか撮ってないんだろうなあ。

 

 
f:id:hachimoto8:20180721002508j:image

「なくした物が出てきた時はほんとうに嬉しい 9点」

 

点取占いはたまに天才的な引きを見せる。

なくしたのかな。ずっと忘れてたし、ずっと部屋にあったんだけど、なくしてたのかもしれない。

点取日記 9 アロエ、おしっこ、うさぎ跳び

毎日暑いですね。書く必要のないような一文で日記を始めてみた。昨日は外出して水分補給をさぼったまま動き回ってしまい、帰宅すると疲れがどっと出て、朝目が覚めるとすでに9時をまわっていた。今日は休みだ。

午前中に珍しく車を運転したら気疲れしたのか、またもや夢も見ずに昼寝してしまい、なんだか合計すると昨夜から12時間ほども眠っている気がする。

 

車の運転は苦手だ。苦手なので運転中、脇道から猛スピードで老人が飛び出してくる、ヤクザの車が背後に現れる、YouTubeにアップされるレベルの交通違反を犯す、などのおそろしいイメージがひっきりなしに襲ってきて混乱し、結果現実の情報を処理しきれずにうかつな運転をしがちになるという、「苦手だから苦手」の嫌なループにはまっている。

 

思えば昔からネガティブで、いろんな豆知識が載った本の応急処置の章ばかり熟読している子供だった。止血法には直接圧迫止血法と間接圧迫止血法がある。火ぶくれには焼いた針。物干し竿とTシャツで簡易担架がつくれる。

これまでに知識が役立ったことは今のところない。

 

ところで今日、こんな記事を読んだ。

nettyuusyo.com

 

「首・わき・鼠径部を氷で冷やす」、というやり方は、まさに私が昔本で覚えたのと同じ方法だ。

うさぎ跳びを笑っていた子供時代も今や遠く、本でかじった知識はあとからどんどん更新されて古くなっている。最近、玉子は健康なら1日何個か食べてもいいし傷を消毒薬やガーゼで手当するのはあまりよくないらしい。なんじゃそらと思う。

 

この分ではといざという時、「蜂に刺されたらおしっこをかけろ」と同等の対処をしてしまいそうだ。小学校の帰り道で転んで泣いてたらにこにこした知らないおじいさんが寄ってきて、唾つけた自分の指を傷になすってきて嫌すぎて泣き止んだな。やけどした時おばあちゃんがアロエを塗ってくれて嬉しかったけど内心これ怪しいんじゃないかって思ってたな。今なら分かるけどあれは本人にとっては民間療法ではなくて、当時最新の科学だったのだ。

 

なんだかとりとめもない話になってしまった。更新していきましょうね。

 


f:id:hachimoto8:20180720002022j:image

「いいかげんな事ばかり言うな 2点」

 

はい、すみません。でもそんなつもりじゃなかったんです。

点取日記 8 平坦への道

人見知りのわりに仕事で初対面の人と話す機会がそこそこ多い。

これまで会った人の中には絵本が大好きな3歳の男の子もいれば、手先が器用な94歳のおばあちゃんもいたし、他にも農業高校の女の子とか、作業所でクッキー作りをしている青年とか、医療系の会社を起業して数十年で大きくしたおじさんとか、本当にさまざまだ。

 

長くもない経験なりにそういう場面で気をつけていることがいくつかある。その人の好きなものや長年続けてきたものには敬意を払うこと、なるべく事前に勉強して共通言語をつくること、でも付け焼き刃だと忘れないようにすること、などなど。

そうやって短時間で相手に共感しつつ心をフラットな状態に保つのも大事だと思っているのだけれど、今日それが揺るがされることがあった。しかもものすごくしょうもない理由だ。

 

訪問先の人に「じゃあうちのイケメン枠呼んできますんで!」と言われて出てきたのが、本当に滅多に見ないくらいの、ピカピカの美青年だったのである。

美青年と話し始めて数分経った頃、自分の額に汗が浮いてきているのに気がついた。会話自体もしづらく、予習してきた情報でキャッチボールは途切れないものの、なんだか自動操縦モードになった自分を内側から見ているみたいでぎこちない。もしかして“あがっている”のか? 私が? 

 

それまでもともとない社会性をエンジン全開にして数人と会話していたので息が上がってきたのかとも思ったが、この場から逃げ出したいという気持ちがどうにも治まらない。

フラットフラットフラット……と心の中で唱えながら結局、最低限の質問をこなして早めに切り上げた。

 

決して外見に惑わされたのではない、その人の内側から発せられる絶対的な自信がまばゆい光となって私のコンプレックスを刺激したのだ、とかなんとか、理屈をつけて自分を納得させるのは簡単だが、おそらく事実はもっとシンプルだと思う。イケメンにあがった。以上だ。

 

夕方になってようやく帰路につき、遅い昼か早い夕食かわからないごはんを食べながら惨めな気持ちになった。忸怩たる思いとはこういうことをいうのだろう。

どんな人物に何を言われても常にフラットでいたいなんて、べつに仏の真似をしたいわけではない。仕事の間だけ、10分から1時間ほどの間だけ、そんなふりがしたいだけだ。容姿なんぞに心乱されるようではフラット道は険しい。

 

帰宅したら面白いくらいわかりやすくスイッチが切れてしまい、汗だくのままベッドに寝てスマホでやさしめの脱出ゲームをひたすら解いた。日が暮れて部屋が真っ暗になっても解き続けた。

 

脱出ゲームを好きなのは、人間が出てこないからである。

 

 
f:id:hachimoto8:20180718011019j:image

「もしも百万円を拾ったらどうする 10点」

 

始めて満点の10点が出た。

札束の表面に「1万円」と書いて済ませる雑さが仮定のバカバカしさを引き立てている。

もし百万円拾ったら、そうね、点取占いの在庫を探す旅に出ます。

 

点取日記 7 正しい桃の殺し方

少し見た目の悪い桃を安くで手に入れた。

肌にぽつぽつとあばたがあるだけで安くされてしまうなんて桃と桃農家の人には気の毒だけど私にとっては嬉しいことだ。

 

家に帰ってさっそくひとつ食べようとして思い出した。「桃の湯むき」だ。桃を熱湯に30秒ほどくぐらせて氷水で冷やすと面白いくらい簡単に皮がむけるのだという。

一度にたくさん桃をむく時の裏技らしいけれど、こういうのは趣味なので実験してみることにした。

 

お鍋にお湯をぼんぼん沸かしてお玉でそっと桃を浮かべる。

お鍋が浅かったのでお玉でお湯をすくってばしゃばしゃかけてやり(話が逸れるけどレシピで食材に対して「泥を落としてやる」とか「酢水にさらしてやる」とか恩着せがましい表現をするのは何目線なのだろうか)、30秒で引き上げて氷水を張ったボウルに放り込んだ。

見かけは少し赤が濃くなったかな、程度であまり変らない。

 

お皿に移してお尻の割れ目から中心の種までナイフで切り込みを入れる。皮をつまんだら桃の重みだけでスルスルとむけていった。面白い。「面白いほど簡単に桃がむける方法」を試して面白いと感じるのはバカみたいだが、面白い。

何度か細くむいた後、面倒になってちょっと広めに皮をつかんだらそのまま全体の半分ほどがぺろんと脱げてしまった。丸のままの桃が裸になりました、という趣でお皿にでんと座っている。

 

あとはすでに入れた切り込みと平行にナイフを入れれば、くし形の果肉がぽんぽん取れる。切っては食べ切っては食べしていたら桃はあっという間になくなった。

お湯や氷水の準備があるので桃ひとつにやるにはやはり大仰だけれど、果汁もほとんどこぼれないしいい方法だと思う。

少しばかりこぼれた果汁もお皿をかたむけて飲んでしまった。

 

満足してお皿を見たらおかしかった。残っているのはごく薄い桃の皮と、ぎりぎりまで果肉を削がれたしわしわの桃の種だけだ。いつもはナイフで皮をむくし、種には果肉が多少残るし、下手くそだと実が潰れて果汁があちこちに垂れるのでこうはならない。

 

果肉だけどこかへ消え失せたようだ。桃の皮で連想するのは、退治され塵と化した吸血鬼が遺すマント。そうすると桃の種は白骨だろうか。「ボディを透明にする」という実在の殺人犯の言葉を思い出した。皮と種さえどうにかすれば、家族は私が桃をまるごとひとつ独り占めにしたなど思いもしないかもしれない。

 

お皿やナイフを洗ってふと桃を煮たお鍋を見ると、お湯の表面がもやもやとけぶっていて、何かと思ったら桃の産毛がたくさん浮いているのだった。第三の証拠品だ。おっと油断大敵だぜ、とやましい気持ちで私はお湯をシンクの排水口へ隠滅し、かくして完全犯罪が成立したのである。

 

 
f:id:hachimoto8:20180717002250j:image

「競争すれば僕が勝にきまっている 5点」

 

昨日は「私にたのみたい事がありますか」と言ってくれたのに今日は勝ち誇られてしまった。

 

私はこの点取占いにすごくキュンとしたんだけど、点数が5点なのだ。

勝(つ)にきまっている、と断言しつつ、勝負はあくまでも五分五分。

フェアプレーの精神を感じる。占いに対する点数の設定も見逃せないですね。