/* 本文の位置 */ #main { float: left; } /* サイドバーの位置 */ #box2 { float: right; }

蜂インザヘッド 

ものすごく考えているか、まったく考えていない

出町座で「バーフバリ/伝説誕生」「バーフバリ2/王の凱旋」を見た

 
 
王を称えよ…。
 
 
 

f:id:hachimoto8:20180314114516j:plain

 
 
 
遅ればせながらバーフバリを見ました。京都の出町座で「バーフバリバリ/伝説誕生」「バーフバリ2/王の凱旋」の一気見上映。結果ぶじ王国民となり、「興味があるなら絶対行った方がいい」とおすすめするエントリを早朝から書いています。どうせ興奮で目さえて寝られへんしな。あとなんか肌がツルツルしてる感じする。健康増進、滋養強壮、満願成就、バーフバリ。
 
感想を兼ねてなるべくネタバレを避けながらおすすめポイントを並べます。
 
・三世代、半世紀にわたる一大叙事詩
 
数多の国を束ねる強国・マヒマシュティ王国の王座をめぐる因縁の物語。巨大な滝のふもとの村で育った主人公シヴドゥは、幼い頃から山の頂上に何があるのか知りたくてたまらない。母に禁じられても滝登りに挑み続け、滝に鍛えられ立派な青年に成長したシヴドゥ。ある日流れてきた1枚の美しい仮面をきっかけに、己の出生の秘密に触れることになり…というストーリー。典型的な貴種流離譚で神話やおとぎ話の色が濃く、マジモンの大河が出てくる大河ドラマでもあります。
 
王座を中心にキャラクターたちの野心や愛、嫉妬、そして民を思う心が渦巻いてそれはもうえらいことになる。前後編2本で5時間弱あるんですけど、50年の歴史に比べたら実質一瞬です。大丈夫です。
 
・心の柳田理科雄を首チョップで黙らせろ
 
派手なCGとワイヤーアクションを多用した戦闘シーンが最高。脳がしびれる。動物たちの質感が謎。ちょいちょい叫びそうになって(笑い、驚き、燃え)我慢するのが大変だった。スタイルは合戦奇襲一対多勢タイマン、武器は剣棒術槍戦闘車素手とシチュエーションも豊富。知恵を振り絞って繰り出される奇妙な戦法は荒唐無稽ギリギリ、というか荒唐無稽なんだけど、バーフバリはすごい男だからそういうものかって思っちゃうんですよ。
 
鑑賞のコツは「ええっ、そんなんなる?」とツッコミたがりの自分がささやいてきたら早めに首チョップをして気絶させることです。これだけ上映時間が長いとそのうち目を覚まして「いやいや、背骨折れるやろ」などと抜かし始めますが、もう一回首チョップしてください。オレじゃなきゃ見逃しちゃうくらいのスピードでやってください。そして目の前で起こるすべての事象に身をゆだねてください。
 
「伝説誕生」上映のあと、カップルが「めっちゃ笑ってたやん」「おかしくて笑ってたんちゃうねん!すごすぎて笑ってたんや!」と会話してて「それな」と思った。
 
・音楽
 
物語の折々に挿入される歌がかっこいい。みんな大好きダンスシーンももちろんある。歌がさらに叙事詩っぽさを補強していて、たまに現実に返りそうになる心をしっかり掴んでいてくれる。映像とのマッチ具合も超かっこいいです。ちなみにAmazonPrimeに1・2両方のアルバムがあるので、今日はそればっかり聞いています。バリバリバリ・バ・フ・バ・リ!!
 
一個だけネタバレすると、(以下反転)「王の凱旋」の白鳥船のシーンすごくなかったですか??「恋やろが!恋するとこうなるやろが!」という作り手たちのテンションがビリビリ伝わってやばかった。「ラ・ラ・ランド」の天文台のシーンがあっさり塩味に見える
 
・キャラクターが全員やばい
 
前評判ではとにかくバーフバリがやばい、バーフバリのイケメンさやばい、やばい神みたいな感じで、そんなに…?と思ってたけどほんとだった。
 
バーフバリの王としての風格が物語の推進力であり、また呪いでもあり。民衆がメロメロになっていく様がめっちゃおもしろいが、おもしろいと思った瞬間ハッと気付くと自分も民衆のひとりになっている。超人的な所業もバーフバリならオッケー!CGや演出の力はあれど、この説得力を持たせた役者さんはすごい。
 
日本のドラマ映画にあんまりいないタイプのかっこよさで、絶妙にムチムチしてますよね。かわいいしかっこいい。あと何本かインド映画を見ていて、向こうのいい男像にはどうも、筋肉質で紳士的というのに加えて「いたずら好き」が含まれてるように感じる。トンチの利いたいたずらで女性をびっくりさせて、相手が「キャッ!もう~。ウフフ」となったら大体、惚れてます。ウィットを見せつけるんや。
 
バーフバリ以外のキャラクターも相当だった。
 
最大の悪役、バラーラデーヴァ。マヒマシュティ王国の現国王。インド映画の悪役ってほんとに華ですね、主人公と同じくらい大事なキャラクター。「マッキー」の悪役も大好きだったんだけど、後で調べたら「マッキー」と「バーフバリ」は監督が同じだった。そうですか…。
 
バラーラデーヴァの妄執はすさまじく、清廉潔白なバーフバリとの対比はまさに月と太陽。バーフバリの徳の高さってちょっと人間離れしていて、その点バラーラデーヴァの燃えるようなコンプレックスや登りつめても満たされない心の飢えは人間らしい。いや王族だしバーフバリと同格の戦士なので十分人間離れしてるんですが…上映後に「あーおもしろかった!」だけではない、しんみりした気持ちになるのは彼のおかげだと思う。
 
ふたりのヒロインの活躍も素晴らしかったです。何がいいって戦闘シーンがある!そしてめちゃくちゃ美しくて強くてかっこいい!特に「王の凱旋」デーヴァセーナの戦闘は大興奮。ポスターにもなってるあの場面。拳握っちゃったもん。マッドマックスFRでフュリオサがマックスの肩で銃固定して撃つ場面くらい興奮した。デーヴァセーナはセリフもキレキレなんですよ。キレすぎてたまにやめたれやってなる。
有名な「切るべきは首だ!」の場面に代表されるように、女性の扱いについて工夫されてるなと思った。
(王族の)というカッコ書きがつくものの、 デーヴァセーナの言動は割と現代寄りです。
 
カッタッパ。カッタッパはね、出てきた時はなんだこの食わせ者っぽいジジイって思ったのに、泣いちゃった…ちょっとコミカルな場面もあったりして、それでぐっとかわいく見えて、そのあとに…物語の核心に触れるからあんま言えない。見て!!
 
書ききれないんだけど国母シヴァガミやビッジャラデーヴァ、クマリもよかったです。それぞれの人生。
 
以上、どこかの誰かがすでに1000回くらい書いてそうな感想だけど関係ない。劇中でも1万人くらいのみんなが「バーフバリ!」って自分の口で称えてたしな。
 
Amazonの配信などでもすでに出回っている2作だけれど、絶対劇場で見た方がいいです。
まず長いので自宅だと集中して見るのが大変だし、アクションは大画面の方が断然いい。
すさまじい顔力(かおぢから)を全身に受けて座席に釘付けになること間違いなし。
 
あと個人的にインド映画は大人数で見る方が楽しいと思っていて、雨粒のごとく降ってくるつっこみどころを観客全員のスピリットで受け止めることによりバイブスが上がって一体感が生まれるみたいな作用もある。
 
隣の席の人がわりとリアクションするタイプで、いいシーンではグス…グス…と泣いているしトンデモアクションシーンではハッ…と口に手を当てるしで「わかるよ!」って手をとりたくなった。
 
終わったらびっくりすることに20時だったんだけど、出町柳駅までの道すがら明らかにテンションおかしくなっている人たちが自分たちを含め数組いて面白かった。
すでにもう1回見たい。できたら次はマサラ上映(鑑賞中声を上げたりクラッカーを鳴らしたりしてもいい自由な上映)で見たい。
 
出町座の混雑状況について。
 
平日の火曜日、上映の1時間半前にチケットを買ったらすでに7割方埋まってました。席数は40~50くらい?
17時半からの「王の凱旋」は席が足りず、折り畳み椅子で増席してたので、休日狙うなら早めがよさそうです。
 
あとこれ大事なんですが、一気見上映は2本で2500円です。やす‼マヒマシュティ王国への渡航費安くない!?
 
出町座は3/23まで。梅田のシネ・ヌーヴォは3/31からやるっぽいけど、関西はだいたい上映終了しています。
 
くり返すけど気になるなら迷ってないで絶対見た方がいい。損はしない。この機を逃すな。
 
これをたまたま読んでくれた関西住みの君に言ってるんやで!頼むわな!!ほな!!!

電車のふたり

これはTwitterにもう書いた話だけど、電車でおととい見かけた光景が2日経った今も頭について離れないので、印象をくわしく書き残しておこうと思う。

 

 

大体は上の通りだ。

土曜の午前中、友達の家に向かう電車に乗った。冬のわりによく晴れた日で窓の外が明るかった。途中、電車はまあまあ大きい駅に止まって、そこに二人組が乗ってきた。

ひとりは70歳くらいのおじいさんで、白い杖を持っていた。目の見えない人だ、と思った。もうひとりは同じ年頃か、少し若い女の人で、70歳より少し下に見える人はおばあさんではないかとも思うが、その人は背筋がしゃっきりしていて少々落ち着きがなく、どうもおばあさんと呼ぶ気になれないので女の人と言うことにする。はつらつとした人だった。

 

ふたりは通路を歩いてきて、たまたま空いていた私の向かいの席に座った。どちらも暖かそうな格好をしていて、私はどこか公園にでも出かけるのかな、今日は晴れてよかったな、と、ふたりとその向こうに流れる風景をひとまとめに眺めていた。

そうしたら、にこにこしたその女の人が突然おじいさんの方へ向き直って両方の手をとり、座ったままダンスを始めた。

 

ダンスを始めた。のではなかった。右手でおじいさんの左手をとってとんとんと二の腕を叩かせたり、左手でおじいさんの右手を握ってくるくると掲げさせたり、それはフォークダンスのようだったけれど、ダンスではなかった。その証拠に動作を終えたあと、おじいさんが閉じていた目をうすく開いて、ウフッと笑ったのだ。手話だった。その人は目だけでなく耳も悪いらしかった。

 

おじいさんは手を離すと、今度はひとりで手を動かし始めた。こちらは何度も見かけた覚えのある動きで、はっきり手話だとわかった。それじゃあやっぱりさっきのダンスは手話だったんだ、と思った。手話はふつう視覚を介して内容を伝えるけれど、おじいさんは目も見えないので、おじいさんの体に動作を直接トレースして、触覚によって伝えているわけだった。そういう手話を私は初めて知った。

女の人はおじいさんの動きを見つめてアハアハ、と声を出して笑った。そしてふたたび手をとり、すごいスピードで相手の手を操作して、さらにおじいさん手のひらに人差し指で何やら文字を書きつけた。おじいさんはウンウンとうなずき、あとはそのくり返しだった。ダンス。手のひら。笑い声。ひとりの手話。また手のひら。笑い声。ダンス。会話だった。しかもとても盛り上がっている会話だった。盛り上がっているのに、笑い声以外は衣擦れしか聞こえなくて、奇妙だった。

 

私はなんだかもう釘付けになってしまって、とにかく目が離せなくて、ずっとふたりを見つめていた。他人の会話を盗み聞きするなんて(盗み見?どちらにせよ私はふたりの話している内容がさっぱりわからない)、行儀がよくないけど、やめられなかった。何かものすごいものを見ている気がした。

 

じっと見ていることをおじいさんに悟られる心配はなさそうだったが、女の人も私にはちっとも気が付かなくて、ひたすら楽しそうだった。すごくはしゃいでいて、おじいさんと出かけるのが嬉しくてたまらないみたいだった。

電車が別の駅につくと、女の人はおじいさんの腕をぽんと叩いて、降りるよお、と声をかけ、ふたりは降りていった。そこでおじいさんの聴力がゼロではないらしいことと、女の人は声が出せる、ということがわかった。ふたりの関係は最後までわからなかった。夫婦か恋人か、兄妹か。もしくは単に仲の良い友人とか、施設の入所者と介助者かもしれない。

 

電車が動き出してからもふたりが頭から離れなかった。厳密にはふたりの動作が。と、笑い声が。

あの動きの奔流のなかで何が話されていたのか私は知らない。楽しそうだったけど、誰かの悪口や、どぎつい下ネタ(公共の場で暗号を使って下ネタが話せたら愉快だと思う)だったかもしれない。いややっぱり今日のお出かけの計画についてかも。「公園に着いたら鳩にパンをやらない?いつ突っつかれるかわからなくてスリリングでしょ」みたいな。

 

ああいう会話のやり方があるんだと思ったら、嬉しくなった。もちろん手話は覚えなくちゃいけないけど。それって今からもう一度日本語を覚え直すくらい大変そうだけど。

ふたりのやり方のすごいところはもうひとつあって、それはおじいさんが女の人の言葉を、自分の体で語りながら受け取っているということだった。読みながら書く。聞きながら話す。あなたの言葉が私の言葉になる。もしもあのふたりが喧嘩をしたら、「わからずやの最低野郎!」と、おじいさんは自分を罵るだろう。「嘘。ありがとう。愛してる」と、おじいさんの体はおじいさんに語るだろう。

いつか私が老い老いて、隣にいる人の顔が見えなくなり、笑い声が聞こえなくなってなお、コミュニケーションが奪われないこと、むしろふつうには到達できない濃密さで生み直されるかもしれないこと、私はそれを希望と呼んでかまわないと、終点に向かいながら思った。しかもすさまじい強度の。

ぬいぐるみの使命

ひと月ほど前、職場の先輩からぬいぐるみをもらった。
(現在からすると元職場になるのだけれど、話がややこしくなるので省略する)
 
「これ、あげる」と3つ1セットになったぬいぐるみを急に渡されたのだ。
「えっありがとうございます、わーかわい、、、」と言いかけたところで"かわいい"という言葉が詰まってしまった。
 
かわいくないのだ。
 
かわいくない。
3つとも同じ目をしている。なんだか邪気をはらんでいる。こちらをじっと見返している。
 

f:id:hachimoto8:20170514010106j:plain

 
ぬいぐるみは元来かわいいもののはずだ。世の中に多種多様のぬいぐるみあれど、ふわふわでやわらかくて無垢な見た目がメインストリーム。そしてただひたすらにかわいく無害であることがぬいぐるみの使命だ。ところがこの3匹は。
 
イノシシとシカとサルという組み合わせにふと思い当たった。
「これ、害獣トリオですね?」
「そうそう」
 
聞けばこのぬいぐるみを、先輩は農業関連イベントの抽選会で手に入れたそうだ。元々は害獣対策用の罠や発信機などをつくる会社の販促グッズらしい。
 
イノシシ、シカ、そしてサルをはじめとする有害鳥獣による農作物の被害額は、国内で毎年190億円前後にもなると聞いたことがある。だから農家のみなさんも電気柵をつくったり狩猟免許をとって罠をしかけたり、たいへんな苦労をしている。
 
先輩はわたしが狩猟に興味をもっているのを知っていてこのぬいぐるみをくれたのだった。
 
害獣のぬいぐるみだと思ってもう一度眺めるといろいろ合点がいく。このかわいくなさ。いや、全体はすごくよくできていてかわいいのに、目だけが不穏。絶対に話が通じないだろうなという感じがする。
 
人間なんてふわふわの体に間隔の開いたつぶらな瞳でも付けておけば3万RTみたいなクソチョロい生き物なのだから、かわいさ100%に仕立てあげるのは簡単なはずだ。それをしなかったのは、これが人間に害をなす里山の侵略者たちのぬいぐるみだからだろう。
 
ぬいぐるみは、かわいい。害獣は、かわいくない。その矛盾が結集したものがこの3匹だった。
 
そう考えると害獣という概念の半分以上は、こちら側の都合でできているなと思った。
 
小さい頃、動物園でサルを見た。かわいくて面白かった。山を歩いていて、遠くをシカやイノシシが通りすぎていくことがある。美しくてかっこいい。
無害だとわかっているからだ。
 
丹精込めて作った野菜を荒らされた時や、山でばったり出くわして「襲われるかも」とお互いにおびえる時、彼らは獣から害獣へスライドし、その目の中にわたしたちは奇妙な光を見る。
 
何の縁かわたしのもとにやってきた君たちよ、君たちはかわいい。
わたしの都合で飾ってやろう。わたしの都合で名前をやろう。
 

f:id:hachimoto8:20170514010150j:plain

 
シカは角からして2歳齢のオスらしいので、二郎。
 

f:id:hachimoto8:20170514010213j:plain

 
イノシシは鼻がリッパなので、鼻(ビ)リー。
 

f:id:hachimoto8:20170514010224j:plain

 
サルはサルだからエテ公。
 
3匹合わせて、ジビエだ。

そんなのありかよ

 
日曜日、用事があって出かけたらこんな看板を見かけた。
 

f:id:hachimoto8:20170330222529j:image
※ラーメン屋の広告です
 
見た瞬間かなりの衝撃があり、次に腹が立ち、最後に笑ってしまった。
 
私はこういうキャッチコピーを考える仕事をしている。世間が想像するような華やかなものではなく、本当に慎ましやかに看板やフリーペーパーや企業HPの文章を日々せっせと書いているのだが、それを踏まえて言わせてもらうが、このラーメン屋のこのコピーは、イカれている。
 
なぜなら「すばらしい麺とおいしいスープ」を伝えるために私は毎日「北の大地が育てたうまさ」とか書いてるのであって、「一杯のしあわせ届けたい」とか書いてるのであって、「煮玉子に赤味を足してください」とかデザイナーさんにお願いしてるのであって、この看板はあまりにもむき出しだからだ。ダミー原稿をそのまま印刷したのかと疑うような文句だ。
 
あまりにも天真爛漫なやつを見るとむかついてくるのと同じである。
でも実際、このコピーには参ったというか、一本取られた。たしかにおいしいラーメン食べてるとき人間は「麺すばらしいなあ、スープおいしいなあ」くらいしか考えないよなあ。
 
すばらしい麺とおいしいスープ。すばらしい麺とおいしいスープすばらしい麺とおいしいスープ……
可笑しさと怒りとうらやましい気持ちで頭の中がぐるぐるした。ぐるぐるして、迷った挙句写真を撮った。
 
こないだの日曜、三宮の地下街でニヤつきながらこの看板を撮っている人を見かけていたらそれは私です。